【ミニバス】初心者でも上手くなりシュート率が上がる3つの方法

スポンサーリンク
ミニバス

【ミニバス】初心者でも上手くなりシュート率を上がる3つ方法

 

こんな悩みありませんか?

9歳~11歳のミニバスを頑張っているお子さんで、

チームメイトよりもシュートが入らない

勝負どころでいつもシュートが入らない

なかなかシュート率が上がらない

ライバルに差がついてしまっている

とにかく決まるようになりたい!

バスケが上手くなりたい!

試合に出たいし、活躍したい!

でも何からどう手をつけたらいいかわからない!

 

ずっと悩んでいる方には必見です。

さんぺい
さんぺい

実際に我が子、お友達・チームメイトも実践してシュート率を上げた3つの方法を今回はご紹介します。

さんぺい
さんぺい

できるだけ、カンタン、すぐに出来るように、バスケの専門用語は使わらず、テクニックではなく、初心者でもわかるようにお伝えします。子どもを伸ばす裏ワザに近いかと思います。

 

3つの方法を実践で、

友達よりも入るようになる

シュートを決めて、活躍できた

シュートがどんどん入るようになる

ライバルに勝てるようになった

シュートが入るから、プレーが増えた

バスケが上手くって、楽しい

今よりも、シュート率が上がって、ぐんぐん上手くなり、活躍できるようになります。

 

 

 

子どもが成長する、上手くなる仕組みを理解する

初心者でも上手くなりシュート率が上がる3つの方法の前に、

親はこの仕組みを理解してください。

ここは子どもには説明不要です。

仕組みを理解することが大切です。

知識 × 技術 × 経験 で上達します。

知識・・・シュートを知る 

技術・・・入るコツを真似る

経験・・・知って真似たことを、試すです。

この仕組みを、

子どもが自然と出来るようになると上達します。

 

親は今、子どもは

どこなのかを知って、次のステップへ繋げてあげましょう。

 

 

シュート率を上がる3つの方法とは?

初心者でも上手くなりシュート率を上がる3つ方法

①、決まる成功イメージを持つ

②、好きなシュートを知る

③、好きなシュートを真似る

この3つです。特に決まる成功イメージを持つことが重要になります。

コーチ、監督、プロでも教えてくれない内容だと思います。有料級の内容だと思います。

実際に、この後では、この効果を証明する実験した結果もお伝えします。

 

 

①、決まる成功イメージを持つ

あなたはシュートが簡単に入るイメージを持っていますか?

それともしっかり練習しないと入らないイメージですか?

多くの指導者や、保護者は、

シュート成功率を上げるためには、練習することですと言いきります。

 

たしかに練習する事は良いです。否定はできません。

 

しかし、

初心者の子や、ミニバスでシュートが入らなくて悩んでいる子には良くありません。

 

理由は、言い換えると ”練習しないとシュートは入らない” になるからです。

子どもにとっては、シュートは難しいって、脳と体が覚えることになります。

難しいから、練習しないと入らない、そう思って打つシュートは入る確率が落ちます。

 

逆にシュートは簡単、

入る成功イメージで打ったシュートは、入る確率がぐんっと上がります。

これは事実です。

バスケのリングの直径は、45センチです。

ミニバスのボールの直径は、22センチです。2倍もあるのです。

もう一度言います、リングは、ボールの2倍分あるのです。 

 

実験

低学年(小1年)を2つのグループ(A・B)に分けて実験をしました。

ゴールの真下から、ボールを投げます。どんな投げ方でもOKです。

Aグループは、リングは、ボールの2倍の大きさがあるから、投げれば簡単に入るよ

 

Bグループは、リングは、ボールと同じ大きさだから、しっかり狙わないと入らないよ

    

    ↓ 

驚きの結果です。

 

 

結果

Aグループは、6人成功

Bグループは、2人成功 で、

その差は3倍です。

 

同じ実験を何回も行いましたが、

結果は同じです。

簡単に入るイメージを持った

グループの方が決まりました。

もちろん実験の後には、

Bグループにも、

Aで言った本当の事を言うと、

同じように入るようになります。

 

結論

シュートはカンタンに入る成功イメージを持っている方が入ると言うことです。

シュートは難しいと思うことや、苦手、練習しないと入らないは、良くありません。

簡単に入ると言う、成功イメージが持つことが、本島に大切になります。

だって、リングの大きさは、ボールの2倍あるので、投げれば入りますよ。

そう思い込むことが、子どもの心にとって超大事なのです。

 

ズバ抜けて活躍する子や、

世界で活躍する選手は、初心者の時から簡単に入ると思っています。

思考がまったく違いますし、根拠のない自信があり、それが最強となるのです。

 

余談ですが、百獣の王”武井壮さんは、野球を始めた時は、

本気ですべてホームランが打てると思っていたそうです。

 

シュートは簡単に入ると思い込む、信じることです。

そして、決まる成功イメージを作り上げることが、1番大切なことになります。

さんぺい
さんぺい

親から子どもには、

バスケのリングの直径は45センチ。ボールは22センチ。2倍もあるから、カンタンに入ることを教えてあげましょう。

 

 

 

②、好きなシュートを知る

バスケには、いろいろなシュートがあります。

先ずは1つ好きなシュートを決めてください。

スリーポイントシュート
ツーポイントシュート
フリースロー
レイアップシュート
リバースレイアップ
リーチバックシュート
オーバーハンドレイアップ
アンダーハンドレイアップ
ワンステップレイアップ
逆ステップレイアップ
パワーレイアップ
ダブルクラッチ
フィンガーロール
スクープショット
フローター

 

迷ったり、初心者は

レイアップシュート、フリースローをおすすめします。

mituaki TVは非常にわかりやすいのでこちらに貼ります。チャンネル登録をおすすめします。

 

練習では、

成功イメージをお持ちながら、セルフイメージをしてください。

ボールを持たなくてもOKです。

 

部屋の中で、頭の中でイメージします。1・2・3 みたいに・・・

自分が実際に行っている”頭の中でのイメージ”が非常に大切となります。

さんぺい
さんぺい

いろいろシュートがあることを知りましょう。子どもが興味を持ったこと、やりたいと決めたプレーを、頭の中でイメージをしましょう。

 

 

 

③、好きなシュートを真似る

ここからは技術面となります。

自分の頭のイメージを、実際に体を動かしてイメージがあっているかを確認します。

ゴールが無いところでも大丈夫です。

 

親のスマホで動画を撮ってあげて、スローで見たりして、

頭で考えるイメージと、実際の自分の動きのズレを見て行きましょう。

 

これが真似るであり、学ぶことになります。この②と③の繰り返しが大切です。

シュートは簡単、いろいろシュートを知る、

これを出来るようになりたい、イメージする、

そして真似るです。

 

自分の気持ち、やる気、自分で気づく、これが上達の一歩になるのです。

さんぺい
さんぺい

親のスマホで動画を撮ってあげて、スローで見たりして、

頭で考えるイメージと、実際の自分の動きを照らして見ましょう。親は子どもに対して、出来ている部分を褒めましょう。

 

 

 

まとめ

シュートが上手くなるには、シュートが簡単と思うことが大切です。

難しい、苦手だと思っていればいるほど、確率が落ちます。↷

リングはゴールの2倍あり、投げれば入ると思い込み、信じるのです。

またこれを知ったことにより、メンタルもアップしているので

友達よりも、シュート確率が上がっています。

 

今までよりも入ると言う自信を持ってください。

 

あとは、バスケにいろいろなシュートがあります。

それを見て、自分が好きなシュートから、知っていきましょう。

 

自分が興味を持つと、自分の出来ている姿のイメージが出来ます。

それが大切なのです。

 

頭の中でのイメージと、実際の体の動きを比較して、

真似をするのです。

 

その時に、細かいポイントは入りません。自分が成功の好きなような

イメージでやることが大切です。やる気スイッチON

 

基礎や応用など技術面のステップアップは不要です。

子ども発想力や、実力は無限大です。大人の想像以上です。

 

なので、細かい基礎や応用などの技術面については、

チームの指導者に完全に任せましょう。

保護者(親)からは口に出さないようにしましょう。

 

親から子どもに伝えるのは、シュートは簡単だよ、それだけです。

あとは子どもが知りたい、真似たい時に、サポートをして上げてください。

 

親の伝え方と、家のバスケ環境で、子ども成長は大きく変わります。

部屋での練習方法はこちらの記事がおすすめとなります。

 

【ミニバス】部屋で上達できる3つの練習方法 

 

 

 

 

 

おまけ

遊園地でもバスケです。

遊園地のゴールは通常のリング幅より小さく難易度は高いのです。

息子はそれも知らずに、いつも通りに、決まる成功イメージを持って挑戦です。

 

さんぺい
さんぺい

40秒間に36点以上だと、景品ゲットです。残り7秒からボールが止まりますので、成功なるか? 結果は下の動画になります。≪2020年8月11日≫

 

さんぺい
さんぺい

いつでもどこでもバスケを考える、ボールが触れるなど、部屋の中をバスケ環境にすることが、おすすめです。バスケが生活の一部になると、どんどん上達します。これからも、バスケ上達に少しでも貢献できるように、有益な情報を配信していきますので、よろしくお願いします。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました