【ミニバス】努力って言葉が子どもを苦しめる

【ミニバス】努力って言葉が子どもを苦しめる さんぺい

こんにちはさんぺいです。

いきなり結論ですが、

炎上して、怒らせそうですが
ズバリ言います。

「努力は必ず報われる」という言葉に

苦しめられてる選手
子ども達がたくさんいます。

むしろ、

「必要ない努力は積極的に捨てよう」

という考えが広まってほしいです。

ただ、努力が報われなくても、
努力によって確実に成長はできます。

今、努力している子ども達、
そのママに、届けたい。以上です。

 

ここで終わったら、
良くわからない主張ですよね。

努力で苦しめる理由について
深掘りしていきます。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ

イイね はまだ押さないで。
記事を読んで、良かったら
最後に押してくださいね。

さんぺい
さんぺい

自己紹介。ミニバス研究室のさんぺいです。ミニバス5000人分析してわかった事を、親目線でお伝えします。「さんぺいブログを見る」と、子どもの自信が300%up。必ずバスケが上達します。ぶっちゃけ試合は90%メンタル、あなたの子どもが、活躍できるようになります。

スポンサーリンク

■ミニバスの努力で苦しめる理由

  • 練習しなさい!
  • 努力が足りない

努力は必ず報われるから
頑張らないとダメって
教え方は、子どもにとって
プレッシャーになるのです。

努力の上限(ゴール)が
子どもにはわかりません。

きっと努力すれば報われるって
そう、信じてやっていると

努力 = 我慢

我慢することが重要と
勘違いをしていきます。

我慢することや、努力を
否定しているわけではありません

むしろ、我慢、努力は
大切だと思います。

我慢、努力、そして成功が
この1本の流れが正しいと
思うことが間違いなのです。

これだと、追い込み
苦しめることになるのです。

結果、報われないってことも
あるのです。

とはいえ、子どもの成功は
親100%願っているでしょう。

どうしたら良いのか?

考え方を変えれば良いだけなんです。

詳しく、このあと説明します。

 

■ミニバスの努力を良い方向に

1度は聞いたことありませんか

「 努力を努力と思わない 」

周りから、いつも努力していると
思われていますが、
本人は、努力とは思っていないのです。

それは、楽しいからやる。
好きだから、やっている。

これは夢中になっているのです。

イヤイヤでやるのはダメ

楽しくやる = これを努力にする

前向き努力すると、上達します。

必要のない努力は、やる気がない。
心がついていってないことを指します。

自分で納得できないのはやらない
捨てても良いでしょう。

とはいえ、すべての練習を放棄は
ダメです。挑戦をして先ずやること
知ることは大切です。

親は、それを褒めてあげてください。

子どもは親から褒められれば

イヤイヤから、好き、俺できるに
変わるのです。

そう、良い努力に変わるのです。

親は、努力を
ムリやりにやらせるのではなく

夢中にされる魔法を子どもに
かけてください。

それが、褒めるです。

誰かとの横比較ではなく、
子どもの縦比較です。

前より、できるようになったじゃん
凄いね。才能あるよ。上手だよ

そういって、縦比較で褒めてあげて
ください。

やっちゃだめなのは、

○○くんはもっと頑張っていたよ。
○○くんより、出来ていない。

もっと努力しないとムリだと、
これじゃ、報われないよ。

↑ こんな言い方は絶対ダメ
今日からやめてくださいね。

 

■ミニバスの努力の言葉 まとめ

大切なので、もう1度最後に言います。

「努力は必ず報われる」という言葉に

苦しめられてる選手
子ども達がたくさんいます。

むしろ、

「必要ない努力は積極的に捨てよう」

という考え方が大切なのです。

これを子どもに伝え、
またどんどん広まってほしいです。

ただ、間違えてほしくないのは

努力が報われなくても、
努力によって確実に成長はできます。

今、努力している子ども達、
そのママに、届けたい。以上です。

最後まで
ご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ

↑少しでも良かったって
思って頂けたら、
イイねをお願いします。

励みになります。
めっちゃ嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました