【ミニバス】子どもに合うバッシュのシンプルな決め方

スポンサーリンク
ミニバス

子どもに合うバッシュのシンプルな決め方

 

この内容は、ミニバス で子どものバッシュを正しく決められます。

また買い替えるタイミングがわかります。

 

ミニバス で、子どもが使うバッシュに悩む方が非常に多いです。

21cmだけど、バッシュって同じで大丈夫?

どんなバッシュがいいのかわらない

どんなメーカー? 機能性は?

値段は高い方がいいの? 

間違った買い方で怪我をしたり、練習で悪い影響に繋がったりします。買ってすぐに買い替えるムダってこともあります。

 

バッシュ選びに失敗したく無い方、どれを買って良いかわからない方、一瞬で解決できる方法があります。

 

さんぺい
さんぺい

スポーツ専門店では教えてくれない。今まで、バッシュは100足以上購入してきたから解る、経験からお伝えます。さんぺい、娘、息子・・・たくさん買って使ってきてわかったいろいろの経験から、バッシュについて深堀してお伝えします。

 

シンプルな3つの方法で、ミニバスはじめての方、誰でもカンタンに、子どもに合ったバッシュを選べるようになります。

 

さんぺい
さんぺい

最後のページにある特典パートでは、かんたんにすぐに子どもが上手くなるアイテムをご紹介しまう。これは本当におすすめです。ぜひ最後までみて頂けれる嬉しいです。

 

 

シンプルな3つの方法とは

↑この写真は今、息子の部屋にあったバッシュです。

結論、この3つです。

①、サイズ
②、メーカー別の特徴
③、選ぶポイント

この3つを知るだけで
痛い、合わないなど、
買って、後悔の失敗はありません。

 

①、サイズ

今、履いている運動靴(上履き)よりも、
小1年は0.5cmプラスにするのが良いです。
小2年からは1.0cmプラスが良いです。
※6年生の場合は1.0〜1.5cmプラス。

理由
バスケはジャンプして着地します。また走って止まります。他のスポーツよりも激しいスポーツです。

靴下もバスケ用の履きます。必須アイテムです。
こちらは衝撃を抑える為に分厚くなっています。

[靴下についてはこちらを参考に]


怪我を防ぐために買うべき必須アイテム5選

足のサイズにピッタリなサイズを選ぶと、
靴の中に、余裕がなくなり、親指やかかとが痛くなります。固定されている事により、足首を捻挫しやすくなります。

バッシュはかかとをあわせて、利き足とは、
逆のつま先(左足)を押して、隙間が指1本分(1cm)くらいを目安にします

バッシュサイズは少し大きくすることが大切です。
足にスペースに余裕ができれば怪我防止にもなります。

 

 

②、メーカー別の特徴

・アンダーアーマー
良い点 : 子どもの足にフィット感がある・機能性が高く、デザイン性が良い
悪い点 : 劣化が早い(6ヶ月)
・アシックス
良い点 : 子どもの足にフィット感がある・コスパが良い
悪い点 : みんなが履いている・個性が無く、間違う事が多い
・ナイキ
良い点 : デザイン性が高い・おしゃれでお古を外でもいける
悪い点 : フィット感にバラツキがある・値段が高い
・アディダス
良い点 : 機能性が高い・軽量化、グリップ性能が高い
悪い点 : デザイン性が低い

■結論
低学年(1-3年)は、アシックス
高学年(4-6年)な、アンダーアーマーです。

 

■アシックスでしたら、こちらです

【3,999円】DUNKSHOT MB 8【ASICS】アシックス ●BASKETBALL FOOTWEAR JUNIOR SUPPORT19SS(TBF139-100)*47

理由は、性能です。子どもの足を考えて作られています。買って間違いないです。

 

■アンダーアーマーでしたら、こちらです

【4,730円】【公式】アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)ジュニア UA グレードスクール トーチミッド ( バスケットボールシューズ/ジュニア ) 3020428

理由は、同じく性能です。もう一つはカッコイイからです。息子は2回連続で同じバッシュを購入しました。

 

さんぺい
さんぺい

さんぺいのミニバス時代(30年前)は、アシックス、コンバースでした。

 

コンバースは最近減りましたよね。ちょっぴり寂しいです。

 

 

 

 

③、選ぶポイント

ポイント①、お店で履いて見る

いきなりネットでは買わないでください。
先ずは購入する前には実際に履くことです。

バスケ用の靴下を履いて、両足での履き心地を
確認しておくことが重要です。

足のサイズは、右と左では違います。平均すると3mm前後違います。利き足の方が筋肉がつくからと言われています。

ポイント②、なるべく安く買う

性能面だけでなく、価格面にも気をつけなくてはいけません。
ミニバスのバッシュは、3〜9ヶ月です。
週4〜5回であれば、3ヶ月でボロボロです。
滑るようになりシューズの機能が低下します。

成長期の早い子の場合は、2ヶ月で小さくなります。

バッシュの買い替えが頻繁になるので、安く買うことも重要です。おしゃれでデザインが良くても、すぐに履けなくなるようなシューズを選んでは無駄になります。買い替えをケチったら、パフォーマンスを発揮出来ず、怪我にも繋がります。

経験上、週3回程度の練習でも9ヶ月ほど履くと
「滑る」と感じてきます。

 

ポイント③、好きな色を選ぶ

カラーはめっちゃ大事にしましょう。自分らしさ、好きな色、変化を求める、気合いを入れる。今までと違う自分になるなど、、、色・バッシュで大きく変わる子が多いです。このバッシュは良かった、悪かったなど思い出もあります。心理学的にもカラーでモチベーションが変わるそうです。

どんな色が良いのかを、子どもと親で時間をかけて話し合ってください。

さんぺい
さんぺい

さんぺいの娘は、白色のアシックスで、ロゴがライム色がお気に入りでした。息子はブルー&イエローが大好きでした。子どもが好きな色が良いと思います。思い出のバッシュを写真に残していきましょう。

 

低学年で、はじめてバッシュを買う場合は、
先ず店頭で履いてから買いましょう。

何度も買い替えた高学年でも、メーカーを変える場合は、ネットで価格を調べてから、店頭で一度履きましょう。メーカーによってサイズ感が違います。ナイキは狭いなどありますので、失敗しないために、メーカーを変える場合は、先ずは履くことをしてください。

履き心地を確かめて、店頭価格が高い場合は、ネットで買えば節約になります。

 

 

 

まとめ

いかかでしたか?

今回はバッシュ選びに失敗したく無い方、
どれを買って良いかわからない方、
シンプルな3つの方法をご紹介しました。

①、サイズ
②、メーカー別の特徴
③、選ぶポイント

 

ミニバス バッシュ
低学年部門
おすすめは、アシックス•ダンクショットです。4000円前後

高学年部門
アンダーアーマー•グレードスクールトーチミッドです。5000円前後

ジュニア用に作られている為、足首まわりの保護機能と可動域の広さが特徴的なシューズになります。通気性と甲部分への柔らかな足当たりがよく、マイクロGミッドソールが爆発的な反発力をもたらしてくれます。

足を守るために履くので、保護者は3ヶ月に1度はチェックし、買い替えを検討をお願いします。

すぐ足が大きくなるから、大きめなぶかぶかのバッシュを買う方がいます。

気持ちはわかりますが、靴のサイズが合っていないと、足がズレて、怪我に繋がります。また疲れやすくなったり、動きが悪くなりプレーに影響します。バッシュは、必ず適正サイズ(1㎝プラス)を選ぶことを、強くおすすめします。

これで、バッシュ選びに迷うことはないと思います。

ぜひ参考にしてみてください。最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ
 ↑

さんぺい
さんぺい

この日記が少しでも、参考になった、良かったと思いましたら「こちらのブログランキング」に押して頂けると嬉しいです。「イイね」ランキングが上がれば、さんぺいのモチベーションも上がります。よろしくお願いします。

 

 

 

特典パート

誰でもカンタンに上達するする方法は、

家の中に、ミニゴールを設置するです。


3000円~5000円ぐらいです。

理由は、
部屋でイメトレが出来るからです。

効果は、
集中力がアップ、バスケ愛もアップします。

バスケが上達します。 ↑ 小5年の息子です。

子どもは楽しみながら、プレーをイメージします。

その結果、成長に繋がります。

【送料無料】kaiser バスケットゴールセット45/KW-587/バスケットゴール【¥3480】

本格的な練習は出来ませんが、楽しみなが、バスケをする事が大切です。
リング、ボール、空気入れのセットがすぐ始められてオススメです。

最後までご覧いただきありがとうございます。心より感謝いたします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ
 ↑

さんぺい
さんぺい

「こちらのブログランキング」に押して頂けると嬉しいです。「イイね」ランキングが上がれば、さんぺいのモチベーションも上がります。よろしくお願いします。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました