【ミニバス】絶対に引っかかるフェイク【3つの手順】

スポンサーリンク
ミニバス

【ミニバス】絶対に引っかかるフェイク【3つの手順】

 

こんにちはさんぺいです。

試合でシュートを

決める確率を上げるには

✔,近くで打つ
✔,フリーで打つ

これが
1番入る確率が高いです。

以上です。終了です。

おい!っ

そんなの知ってるよって
ツッコミが入りますよね。

すみません

シュート確率アップする方法が
知りたいって方へ

とっておきの情報をお伝えします。

それは、
フェイクです。

それも知ってるよ!

✔,フェイクが下手である
✔,フェイクがバレている
✔,フェイクしても通用しない

フェイクが通用しないから
悩んでいる方におすすめです。

NBAでも、Bリーグでも
一流選手は知っています。

びっくり!
するほど効果が大

ディフェンスは絶対に
引っかかる
シュートフェイクを紹介します。

読んで、実践すれば
どんどん点数を入れることも、
ナイスアシストも可能です。

大活躍です。

逆に知らないと
何も変わりません。

見ないとします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ

↑ 今はイイねは不要です。
押さないでください。

最後まで、
見た結果、ためになったと
思ったら押してください。

特典パートでは、背が低くてもできるフェイクを紹介します。とっておきの情報です。かなり使えます。

 

■引っかかるフェイクとは

ズバリ、結論

引っかかるフェイクは、
カラダを大きく背伸びのように
ボールを高く上げて伸ばします。

これだけです。

✔,ゴールを見て
✔,大きく背伸び
✔,ボールを高く

なんでこれで引っかかるの?
こちらをご覧ください。

■フェイクの3つの手順

超かんたんです。手順はこれだけです
①、本気で打つ気持ち!
②、目線をゴールに合わす
③、大きく背伸びして
ボールを高く上げて伸ばす

 

■①、相手に本当に打つって思わせる!

シュートフェイクにおいても大事こと
本気で打つ気持ちです。

どれだけフェイクを入れようが、
相手にそれが偽物だと
バレてしまっては意味がありません。

本物だと思わせるコツとしては、
直前まで本気でシュートを
狙うつもりでいることです。

しっかりと膝を曲げて飛ぶ準備をし、
ボールを頭上に掲げて
シュートを撃つ体勢を作ります。

このとき、
実際にシュートを撃つときとフォームが
違っていると
相手に見抜かれてしまいますので、

自分のフォームチェックをして、
味方でも見分けがつかないレベルにまで
引き上げましょう。

相手が距離を詰めてこなかったら
本当に打っちゃいましょう。

そんな気持ちで行きましょう。

 

■②、目線をゴールに合わせる

ピント合わせを行いましょう。

視線をゴールに合わせて
距離をつかむのです。
相手は、
本当にシュートを撃つと思います。

 

■③、大きく背伸びする

大きく背伸びして、ボールを高く上げて伸ばす。

普段のフェイクより

ボールを高いところまで上げます。

シュート動作をして、
ボールが高く上がることで
ボールを見ている相手は焦るのです。

思わず反応してしまいます

高い位置まで
ボールが上がる → 相手はヤバい!

人間は
自分が届かない位置って錯覚して
思わず、ジャンプしてしまうのです。

だから、
小さなフェイクは飛ばないのです。

ボールが高い位置まで、
上げるフェイクが
引っかかるフェイクなのです。

特に走ってくる相手には超有効です。

必ず飛びます!!

 

■まとめ

引っかかるフェイクとは

結論

引っかかるフェイクは、
カラダを大きく背伸びのように
ボールを高く上げて伸ばします

これだけです

✔,ゴールを見て
✔,大きく背伸び
✔,ボールを高く

3つの手順は

①、本気で打つ気持ち!
②、目線をゴールに合わす
③、大きく背伸びして
ボールを高く上げて伸ばす

超かんたん。手順はこれだけです。

コツは
大きく背伸びして、ボールを高く上げて伸ばす。

普段のフェイクより
ボールを高いところまで上げます。

シュート動作をして、
ボールが高く上がることで
ボールを見ている相手は焦るのです。

高い位置まで
ボールが上がる → 相手はヤバい!

人間は自分が届かない位置って
錯覚して思わず、引っかかるのです。

小さなフェイクではなく、

ボールが高い位置まで、
上げるフェイクが
引っかかるフェイクなのです。

フェイクによって
相手のタイミングをずらすことで、

邪魔されずに
シュートを撃つことができます。

フェイクと一言で
言っても状況に応じて
様々なパターンがあります。

難しい印象がまだまだ
あると思いますが、
実はシンプルなのです。

ボールを高く、大きな動作で
相手をダマすのです。

ダマされない場合は
本当に打つことが大切です。

自信を持って打ちましょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。

とは言っても、
相手より
背が低い場合はどうするの?

そんな声も聞こえてきます。

特典パートでは
背が低くてもできるフェイクを
紹介します。かなり使えます。

 

■特典パート

背が低くてもできるフェイクを紹介します

結論 ドリブル中にショットフェイクです

ドリブル中にショットフェイク

こちらをご覧ください(ドリブル中にシュートモーションを入れます)

✔,ドリブルの緩急をつける
✔,ドリブル中にシュートモーションを入れる

コツは
早くシュートを打てるスタイルを見につける!

シュートには、
ワンモーション、ツーモーションがあります。
※モーションの違いはこれです。

違いは、
シュート手順です。

手順が少ないのは1モーションです。
1モーションで打てる練習をしましょう。

次に

■ドリブルして、すぐに打つ練習をしましょう。

コツは遅い動きを覚えるです。

イメージは、早い動きではなく、
ゆっくりとしたチカラを抜いた動きです。

背が小さかったら、テクニックでカバーです。

良くスピードと思われますが、
大事なのは緩急です。
ゆっくりチカラを抜いた動きの方が大切です。

✔,緩急をつける練習
✔,早くシュート打つ練習
✔,ショットフェイクの練習

この3つの練習をしましょう。

 

あと、食トレも大切です。

食事トレーニング = バランスの良い食事です。

偏った食事で出来ないよって方は

栄養補助食品がおすすめです。
背がめっちゃ伸びました。おすすめサプリはこちらです。

小1~小5 ・・・ ノビレンジャー
小5~   ・・・ ノビエース

■関連記事:ノビルンジャーのぶっちゃけ効果
■関連記事:ノビエースのぶっちゃけ効果

 

フェイクは練習で出来るようになります。

 自信を持ってプレーを続ければ
 どんどん磨きがかかります。

前向きチャレンジしていきましょう。

 

最後までありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ

  ↑

さんぺい
さんぺい

少しでも参考になった、良かったと思いましたら「こちらのイイね」を押して頂けると嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました