【ミニバス】大事な場面で悪いイメージを払拭する方法

スポンサーリンク
ミニバス

【ミニバス】大事な場面で悪いイメージを払拭する方法

 

こんにちはさんぺいです。

バスケ試合中
大事な場面

  • フリースロー
  • ボール運び
  • 残り10秒

勝敗を決める大事な場面
自分の中で、悪いイメージが
湧いてしまうことはないですか?

  • 外したらヤバい
  • パスミスしたら
  • エアったら

頭の中で不安、心配だと
感じていることありますよね

バスケだけではなく
日常生活でもあると思います。

ここで緊張して
頭が真っ白になったら
どうしようってことも

今回は嫌な予感、悪いイメージを
払拭する方法をお伝えします。

損します。
知らないと損です。

知ってるだけど
大事な場面に勝つことが
できるようになるのです。

どのように、頭の中で
整理をするのかは
実はめっちゃカンタンなのです。

この記事では
  • 悪いイメージは実現する理由
  • 悪いイメージを払拭する方法
  • たった3つの手順だけ

 

 

■悪いイメージは実現する理由

悪いイメージは実現する理由は

・自分の中でイメージをしているから
それを引き起こすのです。

絶対に起こさない、失敗したくないって
思えば思うほどの、その失敗やミスを
考えて、イメージしているのです。

それって、
どんな意味?変わらないよ?

確かにムズカシイですよね。
1つ実験します。

 

問題

絶対に下に書かれている文字で
頭の中でイメージしないでください

絶対に、しない でください。

絶対ですよ。
10秒間で良いので・・・

 

   ↓

 

ピンク色の象

 

 

10秒後

どうでしたか?

 

ピンクの象
想像しちゃいますよね

絶対にしたくない”って
思えば、思うほど
イメージをしてしまうのです。

人間みんなそうなんです。

 

さらって読んだ人は
想像しないのですが
考えたり、しないなど
自分の気持ちを入ると
なぜか
イメージしちゃうのです。

シュートを
外したくないって思うのも
ときには危険なのです。

 

だから・・・

コーチがフリースローの
”シュート外すなよ”って
声をかけると外します。

当たり前です
悪いイメージで打つからです。

2本中、1本決めようって
声かけだと、
1本以上決まる確率がUP

成功イメージで
前向きでシュートが打てるからです。

最初の1本が決まると
2本も自信を持って
より成功イメージで打てるのです。

2本目はスウィッシュで
完ぺきなシュートで入ります。

これもスポーツ心理学では
めっちゃ有効的な方法なのです。

悪いイメージが起きたら
どうしても人間の心で感じて
頭で考えてしまうのです。

それが強いほど、イメージして
引き起こすのです。

整理できないと
その不安・心配が
そのまま起きるのです。

これって本当に
恐ろしいですよね

ミス、失敗はイメージすれば
繰り返されるのです。

 

■悪いイメージを払拭する方法

悪いイメージを払拭する方法は
めっちゃかんたんです。   

ウォッシュアウト思考

洗い流すのです。

トイレのように、
洗い流すのです。

  • 出てきた、出た
  • スイッチを押す
  • 流す

スイッチを押して、     
流す
この一連の流れを持つのです。

ウォッシュアウト思考です。

さんぺい
さんぺい

お食事中の方、すみません

自分では解決できない範囲の問題
集中しすぎてしまう時に、
その問題を自分とは
関係ないことだと捉えることです。

自分の深い内面に
取り込まないようにするのです。

ウォッシュアウト(洗い流す)

手放すこと
ウォッシュアウト思考を実践するコツは
「手放す」ことです。

悪いイメージ、スイッチ押す、流す

自分の考えていることを、
その考えを止めることなく、
手放すということが必要です。

 

  • 雨が降ったらどうしよう
  • コーチに怒られたらどうしよう
  • バッシュが滑ったら
  • マークマンが性格悪かったら
  • 今日の運勢、占いが最悪だった

自分がどう努力しても、       
変わらない問題について考えることは 
ムダです。これもぜんぶ、流すのです。

今からは変化できる
ポテンシャルにフォーカスをして、

前向き!

物事を前進できるよう
自分自身を高めるのです。

プラス思考!

そうすることで
コントロールできる部分に集中して、
効果的に
成果を上げることができるのです。

悪いイメージは流して
今に自分が
コントールできることだけに
集中する。

成功イメージを持つと強いです。

 

■たった3つの手順

悪いイメージを払拭するには
たった3つの手順です。  

さっきの場面で
失敗・ミスが起きた

  ↓

ヤバい、
また起きたらどうしよう
(悪いイメージが発生)


  ↓

バッシュの紐を締め直す
(この動作がスイッチ)

このスイッチで洗い流した。

 

自分で決めたスイッチで
ウォッシュアウト思考を使うのです。

野球選手はエラーした後に

帽子を取って、予め帽子中に
「ウォッシュアウト」て書き
それを見て、帽子をかぶり直す
動作を入れたりしています。

ウォッシュアウト完了!

 

でっかいうんこを
流したんです。

この考えを持つと最強です。

  • あなたならできる!
  • あなたの子どもならできる!
  • そう、俺ならできるのです。

ちなみ、息子は
小6最後の市内大会決勝で
ブロック(ハエたたき)で
そのまま速攻で相手に決められ
試合は同点・・・
延長戦になりました。

ふつうなら、
俺のせいでとか・・
悪いイメージが残るのですが

延長戦では、
悪いイメージなど一切なく
先制点、決勝点と
連続得点を決めました。

俺ならできる

息子のメンタルが
半端なかったのです。

小6前半は試合でれない
とうふのメンタルでした。

 

 

■まとめ

ウォッシュアウト思考を
実践することにより、

バスケ上達はもちろん、
大人になっても
ビジネスの効率が上がるのです。

確実に大事な場面を
乗り越える!
自分に勝てるのです。

そうすることで、
あなたの市場価値は
確実に上がっていきます。

市場価値が高い
自分になるということは、
仕事が集まる
自分になるということなので、
仕事を選べるようになります。

自分の生き方に有利なり
めっちゃ楽しい人生になるのです。

これから大事な場面、
そこには不安はつきものです。

そんな時に、
悪いイメージを払拭するコツを
思い出して欲しいです。

うんこを流す!

あえてインパクトがあり
記憶が残って欲しいので
この言葉を最後に使っています。
お食事中の方、すみません、、、

最後までありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ

↑少しでも良かった、
参考になった方は、
イイねをお願いします。
ブログランキング1位を
目指しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました