【衝撃】顧客満足の追求する時代はオワコン(現場のドラッカー)

スポンサーリンク
ビジネス

【衝撃】顧客満足の追求する時代はオワコン(現場のドラッカー)

 

こんにちはさんぺいです。

現場のドラッカーを読んでまとめました。

10分に要約です。

本を読まなくても

カンタンに

わかるようにまとめました。

ビジネス本がいろいろあって、

どれから読んでいいかわらない。

ドラッガーっていまさら聞けない

読書が苦手なサラリーマン・・・

そんな方は必見です。

見ないとします。

これを読むだけで、思考が変わります!

いつもの仕事に変化があります。

あなたの仕事レベルがアップします。

あなたの上司から、

おお!って

あなたの成長に驚かれるでしょう。

 

さんぺい
さんぺい

【お父さん向け】本日はビジネスです。バスケブログはちょっとお休みして、ビジネスシリーズです。僕は年間100冊以上、読書をしています。20代の時、本が嫌いでした。30代は学びとして読んでいました。最近、読書は学びではなく、自分の休憩時間、癒やしの時間として楽しんでいます。今回はメンター(めっちゃ尊敬している上司)から紹介の本です。楽しく紹介します。↓こちらの本です。

現場のドラッカー (角川新書)

■いきなり結論です。

結論

”お客様の声を聞く、顧客満足はもう古い!”です。

えええ。おかしいよ!ビジネスではお客様満足、顧客第一主義が重要だって、僕は約30年間も言われ続けてるよ? 今の企業理念もそうだし・・・

■声を聞く(顧客満足)が古い理由

顧客満足、顧客の声を聞くのは、古い

その理由は

①、社会は生き物であるから
②、お客様は自分自身を知らないから
③、感動する価値提供は、満足よりも創造が先であるから

 

 

■①、社会は生き物であるから

社会は絶えず変化している

ぶっちゃけ!
誰も未来の変化を完璧に予測できません

その先行きがわからない社会の中で、
企業が生き残っていくためには、
顧客満足では遅すぎます。

顧客の声を集めるのは古いのです。

過去 ← 今 ← 未来 の視点

過去(お客様の意見を聞く)を、現在で知る。過去を集めているのと同じなのです。

これでは遅いのです!

 

■②、お客様は自分自身を知らないから

お客様(自分)にとって、本当に必要なこと、
ニーズ、欲求を
そもそも、お客様自分自身がよくわかってはいません。

お客様も自分を知らない!

え!

なぜなら
僕もそうだからです。
今のスマホがこうなるとは思っていなかったです。
当時はガラケーで大満足でした。

あなたは、スマホがこうなることを予想できましたか?

もしガラケー時代、お客様の声を聞いていたら、今のスマホは誕生していません。

携帯電話ユーザーがそれを具体的にイメージして、
アップルに「こんな商品を作ってくれ」と言って
作られたものではありません。

今の顧客満足よりも、未来の顧客を考えたのです。

これが創造です!

※創造(そうぞう)とは、新しいものを産み出すこと。
創作や発明、あるいは新しい考え方

 

ユニクロも、お客様の感動のために創造しています。

汗を熱にかえるデザイン性のよいヒートテックも、
顧客が具体的にユニクロに要望したものではありません。

お客様の声で誕生したのではないのです。

創造です!

今の顧客満足ではなかったのです。

 

■③、感動する価値提供は、満足よりも創造が先であるから

顧客起点の中で、
現実の中にあり、どんな価値観を持っているかを知り
時代の変化に対応しながら、新しい価値提供が必要です。

 

そのことにより、
お客様を喜ばすことができます。

 

お客様のために考え、
役立つ商品を作ることで、顧客を創造できるのです。

 

これからの時代は、今までのやり方で

お客様の声を聞く、今の顧客満足ではもう古いのです。

自らが顧客を創り出し、市場を創り出さなければならないのです。

創造 → 提案 → 実行 → 検証

 

■どんな企業が良いのか?

企業の目的は、企業の外にある!

[売上至上主義から顧客起点主義へ]

目的 お客様を創造すること
役割 社会に貢献すること
目標 社会に貢献し続けていること

ドラッカーは「マーケティングの目的は販売を不要にすることである」と言います。

利益は企業の目的ではなく、
利益は存続の条件にすぎない。

事業がうまくいかないことがあれば
知識と行動が、お客様とズレている

顧客満足ではなく、お客様起点として、
企業はどんどん変化をして、
顧客の期待以上のものを提供し続けている
会社こそが素晴らしい会社です。

 

■企業にとって必要なことは

三平

企業にとって必要なことは

”顧客こそが企業の基盤であり、
顧客こそが企業を存続させます ”

そして、
企業には4つの機能が必要です。

ズバリこちら↓

売上をコントロールするのはお客様です。

利益が上がらないのは
企業内の4つの機能が、
機能していないからなのです!

次回はこの4つの機能を深堀りします。
近々更新しまーす。

 

 

■まとめ

顧客満足の追求する時代はオワコンです。

理由は、

①、社会は生き物であるから
②、お客様は自分自身を知らないから
③、感動する価値提供は、満足よりも創造が先であるから

顧客起点の中で、
現実の中におり、どんな価値観を持っているかを知り
時代の変化に対応しながら、新しい価値提供が必要です。

 

そのことにより、
お客様を喜ばすことができます。

 

お客様のために考え、
役立つ商品を作ることで、顧客を創造できるのです。

これからの時代は、

お客様の声を聞く、今の顧客満足ではもう古いのです。

自らが顧客を創り出し、市場を創り出さなければならないのです。

 

さいごに感想です。

この本はめっちゃ勉強になります。

現場のドラッカー (角川新書)

ビジネス本をたくさん読んできたけど、5本の指に入ります。ぶっちゃけ、この本「現場のドラッカー (角川新書)」と、7つの習慣だけで十分かもです。ビジネス本の90%のスキル修得完了って感じです。

すぐにアウトプットしました。

ブログに書きました!

ただ、それだけでは足りません。

え!

ドラッカーの言葉は読むだけ、

誰かに伝える、教えるだけでは足りないのです。

行動!

実践しなければ意味がありません。

創造して、行動しなくてはいけないのです。

おしえて!顧客起点で創造する大切さはわかったけど、僕は何を実践すれば良いの?

ズバリ提案です。これからは積極的に、新たな提案こそが、あなたの価値なのです。

Q、提案して失敗したらどうするの?

それは失敗でありません。結果が出ないことに気づけたので成果です。成功、次に繋がります。本当の失敗とは、提案しない、行動しないことを言います。

そうですね。失敗とは変化がないこと、挑戦しないことです。これからの時代は、失敗を恐れてはいけません。あなたの価値は、お客様起点で、考えで、新たな提案をすることです。それがあなたの役割であり、価値になるのです。

ちょっと厳しいことを言うと、提案が無ければ、あなたである必要がなく、AIやロボットによって、淘汰されます。そんな時代なのです。

顧客起点で考えて、提案することがすべてです。

提案には勝たん!

ドキドキ

僕も提案を意識します。アクションプランを決めていきます。

次回記事にて・・・続く

 

最後に

ピーター・ドラッカー、著者、こちらの本を紹介してくれたメンター

心より感謝します。ありがとうございます。

そして、最後まで読んでくれた皆様、本当にありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ

  ↑

さんぺい
さんぺい

少しでも参考になった、良かったと思いましたら「こちらのイイね」を押して頂けると嬉しいです。これからもビジネスでも”有益な情報”を発信していきます。現場のドラッカーは続きがあります。近々・・・

宣伝しまーす。おにぎり屋かなたけを開業します。現在、コツコツ準備中です。

現場のドラッカー (角川新書)

 

■特典パート

仕事をする環境・デスク周りの整理を大切にしましょう。

​​理由は

①、仕事のデスクの上に、財布を置いてある場合は、金銭事故が多く、内部不正など不幸な事件が起きるリスクが高くなります。
②、デスクが整理整頓できていない人は、思考も整理整頓できていません。自分のモノ、共有のモノなど品質管理ができていない傾向にあります。
③、パソコンに付箋が多く、デスク周りがゴチャゴチャしている方は、納期遅れが多い傾向にある。

また逆に、

シンプルで整理整頓ができている方は、

仕事ができる方が多く、人間的に魅力もありました。

自分を大切にし、仲間も大切にしています・

 

そんな経験から、​

仕事をする環境・デスク周りの整理を大切にしています。​

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました