【ミニバス】ひざの痛み・オスグットは3つで解決【実証済み】

ミニバス

【ミニバス】ひざの痛み・オスグットは3つで解決【実証済み】

 

こんにちはさんぺいです。

ミニバスケのケガ悩みで
ダントツに多いのは
膝の痛みです。

  • 試合に出たい!
  • 期待に答えたい!
  • 練習が痛くて!
悩んでいる子
悩んでいる子

コーチに言われたこと、わかっているけど動けいない。だって、ひざの痛み・成長痛・オスグット病があるだもん。痛いだもん・・・

ずっと悩んでいる子、その親は見てください。

【実証済み】3つの方法だけで解決できます

さんぺい
さんぺい

息子も小5から、階段の上り下りも痛くて、つらそうでした。いろいろ試して結果、3つの方法だけで解決できました。子ども達、親からの非常に相談が多いのが「ひざの痛み」です。

スポンサーリンク

■オスグット3つの解決方法

この3つで解決です。痛みは軽減できます。

①、インソールを変える
②、電気治療
③、野菜を食べる

カンペキに治すには時間がかかります。
大事なバスケもあるので、
治療をしながら、
痛みを軽減しながら、
できる方法を深堀りしてお伝えします。

 

■①、インソールを変える

ミニバス選手にとって
重要なバランスとスピードです。

バッシュの下地に履くインソール
(靴の中敷き)が
重要であることご存知でしょうか?

実はほとんどの方が知らない事実

インソール変えるだけで
バランスが保たれます。

その結果、ひざの負担が軽減されるのです。
これだけで、
痛くなくなったってこともあります。

  • バランス力UP!
  • パフォーマンスUP!
  • バスケで効果を発揮!

インソールとは、靴の中底に敷かれる「中敷き」のことを指します。

バランスを保持して正しい姿勢を保つために重要な役割

バランスを保つ土台となる足に
直接触れるインソールの影響は

  • 骨格
  • 筋肉
  • 神経

①骨格の歪み

インソールは足の土台となる部分のため、骨格への影響は大きいのです。インソールが合わない場合、土台となる足関節に歪みが生じ、結果として左右の骨盤の高低差を生み出してしまいます。この骨の歪みが、子どものバランス崩れを誘発し、膝の痛み・成長痛・オスグットのもととなるのです。そのため、自分にあったインソールを履くことによって、骨の歪みを補正してバランス力を高めて、ひざの負担が減るのです。

 

②筋肉疲労

自分に合わないインソールを履いてしまうことにより、骨のバランスが歪む結果、損なわれたバランスを補うために、余分な筋肉を使うことになります。その結果、筋肉に負担がかかり常に緊張した状態なので、疲労物質である乳酸がたまり、疲れやすくなります。そのまま放置していると、筋肉が硬くなるため、血行不良を引き起こし、膝への負担がどんどん増していきます。

 

③神経障害

自分に合わないインソールを履いてしまうことにより骨のバランスが歪む結果、神経を圧迫して神経伝達に障害をきたします。この神経障害が続くことで、ひざに痛みが走ります。交感神経と副交感神経のバランスを崩して、集中力を低下させてしまいパフォーマンスの低下に繋がってしまうのです。

 

インソールが悪影響

  • 骨格のバランスを崩し、左右どちらかのひざに負担がかかる
  • 骨格のバランスの崩れ、筋肉疲労から、ひざへ負担がかかる
  • 骨格のバランスの崩れ、神経障害でひざに痛みが走り、集中できない

 

息子が使っていたのはこのインソールです。バスケでパフォーマンスを発揮するためには、専門家によって設計されたモノです。

 

いろいろ試したがコレが1番良いかったです

23センチ以上なら 有名アスリート300人以上愛用の高機能インソール【TENTIAL】
22センチ以下なら ザムスト(ZAMST) インソール 衝撃吸収タイプ Sサイズ 379721 S(21.0cm-22.5cm) 男女兼用

これだけで衝撃をやわらげます

これで

痛く無くなった子どもが多いです

 

 

 

■②、電気治療

 

悩むママ
悩むママ

うちの子ってオスグットなのかも知れない。オスグッド症状は?

 

  • 膝下が腫れる
  • ストレッチすると痛む
  • 膝が痛くて階段がつらい
  • 曲げ伸ばしで痛む
  • しゃがむと痛い
  • 走ると膝が痛い
  • 膝のお皿の下骨が突き出てくる
  • 運動をすると痛み、休むと治る

オスグッドは膝のお皿の下にある骨である「脛骨粗面(けいこつそめん)」が飛び出ることによって痛みが生じます。成長期に起こる「成長痛」は「骨端軟骨(こったんなんこつ)」が成長する際に腱や筋肉が引っ張られて短期間痛みが生じるので、そもそも痛みの時間が異なります。分かりやすく説明すると、オスグッドはバスケをしたときに痛みが出るのに対し、成長痛は夜間、それも短期間で痛みがおさまるもの。

お子さんが何日も痛みを訴えるようなら、オスグッドである可能性が高いでしょう。

先ず、病院にいきましょう!

成長期における子どもの骨はとてもデリケートです。親や子どものスポーツを指導、監督する立場の大人は、その点を知っておき、無理な運動をさせないよう注意をしておく必要があります。なかなか痛みが治まらない場合は、速やかに医師に相談できるようサポートしましょう。

先生に見てもらってからは、

  • 毎日ケアー
  • バスケ練習のあと 
  • 休みの日も

やり方は

  • ゆっくりと適度なストレッチをする
  • 電気治療(どうしても早く直したい)

 

お年寄りの方が、使っている
家庭用の電気治療はめっちゃ使えます。

  • 大切な試合
  • どうしても早く治したい

今すぐ痛みを取りたい人は

1ヶ月だけレンタルして、集中治療です。
ひざの痛みを徹底研究して生まれた家庭用電気治療器
買うのはもったいないので、レンタルで大丈夫です。
こちらか¥5000で借りることができます。コスパ良い

 

■③、野菜を食べる

膝の痛み・成長痛・オスグット病のような
バスケ障害は、

日頃から予防に取り組むことが重要です。

 

成長期は急激に骨が伸びたり、筋肉が大きくなったりします。必要な栄養を届けるために、好き嫌いをしないで、まんべんなく栄養を取ることが大切です。

野菜は、クルマで例えると
エンジンオイルです。

オイルが入ってないと
スムーズな動きができません。
故障の原因になるのです。
子どもも同じです。

子どもの
90%が野菜不足と言われています。

しっかり、普段から野菜を取りましょう。

悩むママ
悩むママ

うちの子、野菜嫌いでぜんぜん食べないのよ。どうしよう~

うちもまったく同じです。でも大丈夫です。今は超便利です。いつもの食事にプラスするだけで採れる方法があります。これで足りない栄養の補充がカンペキにできます。

野菜嫌いでも、かんたんに取れる方法があります。
詳しくは↓こちらの記事を見てください。

参考:野菜嫌いは子どものカラダを壊す【カンペキ採れる方法】

たんぱく質や鉄分もしっかり摂りましょう。

 

■まとめ

 

ひざの痛み、成長痛、オスグッドは、
放っておくとどんどん悪化します。

バスケでひざの痛みが伴う場合は、
練習を休む、運動量を減らしことも大切です。

また原因がバランスが悪いってこともあるので
インソールを入れてみてください。

衝撃が減って負担が軽減できます。

普段から柔軟性を高めるストレッチ、
栄養バランス、特に野菜を積極的に摂りましょう。
良い習慣を意識しましょう。

炎症が起きた場合は
病院や整骨院などに相談するのがおすすめです。
正しい対処法と予防法で、
お子さん(大切な選手)の大切な成長期を
フォローしていきましょう!

■インソール

■電気治療(1ヶ月レンタル)

ひざの痛みを徹底研究して生まれた家庭用電気治療器

最後までありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ

少しでも参考になった、良かったと思いましたら「こちらのイイね」を押して頂けると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました