【ミニバス】子どもの忘れ物を無くす3つの方法

ミニバス

子どもの忘れ物を無くす3つの方法

試合当日にユニフォームを忘れた
練習に行く時に、忘れ物が多い
自分の持ち物の管理や準備ができない
支度が遅くて困っている

こういった悩みに答えます

 

その①.忘れ物が多い子の特徴をまとめました

その②.忘れ物を無くす為の3つ方法です

忘れ物の特徴を理解して、

3つの方法を意識して行うと、
バスケの忘れ物はもちろん無くなります。

バスケ以外でも、学校やお泊まり会や、またその先の人生でも、非常に効果があります。

さんぺい
さんぺい

さんぺいは、ミニバス親歴15年、自称親プロです。転勤族でたくさんチーム、子ども達を見てきました。ミニバスは、コーチ、選手、親の3つ役割りが機能して、チームは強くなると思います。

 

コーチは、

チームを分析し、戦略を立てて練習を考えてくれています。

 

選は、

勝ちたい、上手くなりたいと練習をしています。

 

親は、

チーム、子ども達を応援し、サポートをしていると思います。

遠征の車出しから、チーム運営サポート、また日常準備、、、

 

さんぺいの過去の経験から“子どもの忘れ物”に、今回はスポットを当てて、保護者目線から解決していきます。

 

最後まで読んで頂き、実践して頂ければ嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク

忘れ物が多い子の特徴

忘れ物が多い子の特徴はこの3つです。

①、親が何でもかんでもやってしまう

②、落ち着きがない

③、部屋の中が汚い

 

ストレートに言います!

先回りして何でもかんでもやってしまう親は、ダメです。放任もよくありませんが、過保護は本当によくありません。

忘れ物が多いのは、親の責任でもあります。

 

次の特徴は、話しを聞かない、落ち着かない子。
心が落ち着かないと、考えることができません。忘れ物は、脳の実行機能がよく働いていないため
不注意で起こります。

 

最後は、荷物を放り投げたり、ぐちゃぐちゃにしまう子。
普段からの悪い癖になります。部屋もきっとそのようになっています。心を落ち着かないのは、生活環境が大きいのです。

この後、カンタンですぐに解決!

この3つの具体的な解決方法をお伝えします。

 

 

忘れ物を無くす為の3つの方法

忘れ物を無くす為の方法はこの3つです。

この3つを行えば、忘れ物は90%減ります。

①、中間を意識する

②、準備する時間をつくる

③、部屋を整える

これを行うには、親のチカラが必要になります。

詳しくこの後、説明します。1項目2~3分で読み、

すぐに実行できます。

 

①、中間を意識する

忘れ物は自分が困れば直るから放っておくべきか、
それとも、忘れ物をしない為に、
親が手伝うか、悩む方が多いと思います。

正解は、その真ん中です。中間です。

放っておくと、子どもは、ますます忘れ物が増えることが多いのです。

なぜかというと、子どもは「忘れ物をすると困る。忘れ物を減らしたい」という気持ちがあっても、実際にはできないことが多いからです。

やり方を知らないからです。

いきなり、竿と餌を渡して、魚を釣ってこいと同じです。

経験がなく、やり方、コツが知らないだけなのです。

知らないからと言って、先回りして、何でもかんでもやってしまう親もいます。

これらの両極端は子どものためになりません。
正解はその真ん中にあるのです。

親は、忘れ物をしない為に、
いつ、何を準備して、チェック方法を
教えてあげる必要があります。

親がチェックの手本を見せてあげましょう。

 

さんぺい
さんぺい

それでも、大事な試合で忘れた場合はどうしますか?

練習試合、公式戦に関わらず、試合当日に会場で「バッシュ、ユニフォーム」忘れに
気づく事があります。

我が子の忘れ物、あなたならどうしますか?

コーチやチームにも迷惑がかかります。
取りにいきますか? それとも借りますか?
またまた別の対応を考えますか?

試合によっては、ユニフォーム「番号」は、既に登録してある場合は、
取りに帰らないと出れません。

練習試合なら、ビブス対応や貸し借りでも行けます。

さんぺい
さんぺい

さんぺいの答えは、

試合に出るのを”あきらめる”です。
コーチ、チーム仲間、みんなに謝罪します。

子どもには、
「なんで忘れたんだ!」などは言いません。
忘れた理由を問いつめる必要はありません。

それよりも、
「今日はしっかり見学しなさい!
チームのために、
できることを考え行動しなさい!」
とだけ伝えます。

 

理由は、
大事なことは試合に勝つことだけではなくて「事前の準備」はバスケをする上でも、今後の人生においても、とても大切なことに気がつくからです。

 

そして、この失敗は、試合に出れない本人が1番良くわかっています。

悔しくて、悲しいのです。

今日は、辛い、かわいそうと思えますが、勝つ準備の大切さに気づける大チャンスなのです。

そこから、子どもの心構えが大きく変わります。

 

しかし、親がすべて対応すると重大さは知らずに、何事もなく過ごす事になります。

また、同じ事が起こります。

 

 

 

②、準備する時間をつくる

支度は自分でできるけど、
そこの時間を把握していないことが良くあります。

親も子どもも、準備に何分かかるのかを知らないのです。

準備も、前日から用意できる物、当日に、弁当&水筒など用意する物があります。

どのタイミングに、何を、何分で、準備するかを予め決めるのが良いです。

◇前日、就寝前には、20分間で
•ユニフォーム
•靴下、バッシュ
•タオル、帽子
•ビブス、インナー
•練習着、相手選手に渡す手紙など、、

◇当日、出発前には、10分間で
•弁当、水筒
•アイシング氷

朝にすっきりシャキって起きて、

更に、最終確認(チェックシート)を決めれば完璧ですね

さんぺい
さんぺい

余談ですが、朝が苦手・起きれないのは栄養の偏りも考えられます。うちの子は野菜嫌いで、好き嫌いも多いので、

食事+サプリメントで栄養バランスを整えました。

コスパが良いこちらのサプリメントはおすすめです。

朝起きれない・学校を休みがちなお子様に。目覚ましサプリ【あさシャキ】

 

 

 

 

③、部屋を整える

部屋が汚いないと、準備に時間がかかります。

理由は、
どこにある?
探す、迷う時間が増えるのと、
心が落ち着かないからです。

物を無くす、忘れるのは、
脳の実行機能がよく働いていないため
不注意で起こります。
心を落ち着かないのは、環境が大きいのです。

 

大人になっても、財布を無くす人がいます。かわいそうとは、決して思いません。

なるようにして、なったからです。

そのような方は、デスクワークが、乱れていたり、付箋だらけだったりと、
整理整頓が出来ていません。

そこからもわかり、また必ず前兆もあるのです。

不要な物を捨てて、部屋を片付ける事が大切です。

部屋の環境が変われば、忘れ物はなくなります。
ミニゴールを設置したり、憧れ選手のポスターを貼ったりすれば、バスケへの意識も高まり、どんどん上手くなります。

部屋に”ミニゴール設置”は、
さんぺいが買って良かったランキング上位です。

【送料無料】kaiserバスケットゴールセット/室内用

 

 

まとめ

忘れ物をしない為には、親は放任もよくありませんが、過保護もよくありません。
中間を目指しましょう。

いきなり子どもだけのチカラでは、出来るようにはなりません。

親のチカラも必要なのです。たがらと言って先回りして何でもかんでもやってしまうのは
間違いです。

子どもが、忘れ物をしない仕組みを作るのです。

それが、
“忘れ物を無くす為の方法の

•準備する時間をつくる

•部屋を整える

 

それでも、忘れ物をした場合は、あきらめて、大チャンスだと思いましょう。

大事なことは 
試合に勝つことだけではなくて

「準備」はバスケをする上でも、今後の人生においてもとても大切なことだからです。
それに気がつけるのです。

「なんで忘れたんだ!」など問いつめる必要は一切ありません。

今日はしっかり見学して、チームのためにできることを頑張ろです。

ここで、だれかのユニフォームを取り上げたり、借りたり、”親が動く”ことは、誰のためにもならないのです。

忘れ物がゼロは素晴らしいと思います。
しかし、親が先回りして、すべて行った結果なら子どもの成長にとっては良くありません。

何のために、バスケをしているのだろう、、、

目先だけの失敗回避ではなく、
子どもが成長する為に、どうすべきかを考えて行く事も大切です。

最後まで、見ていただき、

ありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ

さんぺい
さんぺい

少しでも、良かったと思いましたら、
こちら2つに「イイね」を押してください。

さんぺいのモチベーションアップにつながります。
今後もよろしくお願いします。

 

 

 

特典パート

ダメな親の特徴5選です。

ちょっと思い当たると感じた方は、意識が良い方向に変わっています。

①. 心配しすぎる親
親がよく悩む、ずっと困っていると、
子どもは暗い気持ちになってしまいます。

②. 人をバカにする親
人をバカにする親は、それを近くて見ている子どもは、なるべく目立たないように陰に隠れるようになります。引っ込み思案な子になってしまいます。

③.マイナス言葉を言う
子どもは、親の言葉や行動すべてをスポンジのようにぐんぐん吸収します。そのため、いちいち小言を言ったりいつも文句ばかり言ったりしていると、暴言や、人をけなすことを覚えてしまいます。

④. 物を粗末にする
家族が物を粗末にしていると、同じことをするようになります。例えば、物を投げたり、蹴ったり、ドアを勢いよく閉めるなど、子どもの中で当たり前になってしまいます。

⑤. 結果のみで評価する
結果は大変素晴らしい事ですが、もっと親が注目すべきポイントはそのプロセスに向き合って、そこを評価してあげる事が大切なのです。

あの保護者は当てはまると感じたら、ダメな理由を伝えるのでなく、

反面教師で、自分は気をつけようと思うことが大切です。

伝えてあげたい方は、このブログを共有して頂けると、

その方にも伝わり、また変なもめ事にもならないと思います。

そして、さんぺいも多くの方に見て頂き、変われば嬉しいです。

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. Y.M より:

    わが息子も高校生にもなって片付けが苦手です。
    私も家内も1回は注意しますが、あとは放っておきます。
    小学生の頃からそうで、結局自分が困らないと直らないので、軽く注意してあとはそのままです。
    それが良かったのかはわかりませんが、道具を大事に扱ってくれる様になりました。
    加えて他人のことにも注意が行き届く様になり、少しは成長したのではないでしょうか。
    色々気が付くということはプレー面でもメリットは大きく良いパスも増えました❗

  2. さんぺい さんぺい より:

    コメントありがとうございます。
    道具を大事にし、注意が行き届くのは
    本当に素晴らしいです。
    親の素晴らしい教え方があり、またお子様の
    早い段階での自立がポイントになっています。
    今後の
    バスケの活躍楽しみです。応援します。
    これからも情報共有して頂ければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました