【ミニバス】中学バスケの部活はオワコンです【親必見】

スポンサーリンク
ミニバス

【ミニバス】中学バスケの部活はオワコンです【親必見】

 

こんにちはさんぺいです。

今回は3分で読めるように要約しました。

 

子ども達のバスケ環境が

どんどん変化しています。

コロナで更に

加速しています。

 

先生の働き方改革です。

愛知県豊橋市は

小学校の運動部廃止が決定になり

2021年度の春までにすべての

運動部が無くなります。

 

小学校の部活動は

ありか、なしか…。

意見の分かれるところだと

思います。

 

小中学生の子どもたちの

バスケ環境は、

どんどん変化していきます。

 

ミニバスの頑張りを

ムダにしないために

今後のバスケプランを

考える必要があります。

 

中学の部活は

どんどん衰退していきます。

バスケ上達ができない

ってことにも・・・

 

今回は中学バスケについて

知っておくべき

重要な事実と、

今後のバスケ環境はどうあるべきか

深堀りしていきます。

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ

 

 

■中学バスケが衰退する

衰退理由は2つです。

・今後は部活の時間が減少します。

もう一つは、顧問の先生では、

・バスケを教えることができません。

いまさらでもありますが、

そこに気づき、部活に入らない子が増えます。

 

 

①、部活の時間が減少

小学校と同じく、

中学校の先生も

”働き方の見直し”があります。

先生の勤務時間、

残業時間、みなし残業

休日勤務、拘束時間など、

問題は多くあります。

民間企業と比較したら、

労基法・36協定違反で

いわゆるブラックです。

なので
部活の時間は減少します。

 

 

②、上達するバスケを教えられない

バスケ部の顧問については

期待をしないでください。

ちょっと失礼なことを

言いますが

質の高いバスケを教えることが

できません。

 

バスケは

昔と今ではぜんぜん違います。

真剣に教えるためには、

教える側は

バスケを学ぶ時間が必要だからです。

情報を集めて、戦略を立てる!

 

ミニバスで毎日練習をして、

心技体を鍛えていても

中学になった途端、

指導方針も変わったことにより

まったく上手くならないってこともあります。

今まで、何だったのか?

中学の部活では

非効率な練習が続き、ムダな時間に感じて↓

苦戦している子、

バスケが嫌いに

バスケの自信をなくした子

何人も見てきました。

 

いまの学校仕組み、勤務体制では

顧問の先生には、

時間もなければ、

教えるスキルも持てないのです。

 

正しくバスケを教えられる人は

ほんの一握りだと思っています。

 

子ども達も、ミニバス経験者、部活中心の子、中学デビュー(素人)とレベルが違います。知識も経験も技術もバラバラなので、教えるのは本当に大変です。

学校によってはバスケ経験者の先生がいないってこともあります。そうなると、バスケのルールもわからなければ、子ども達のレベルも判断できないってこともあります。

 

 

なので保護者は、

顧問の先生の指導を

ミニバスのように

質の高い指導を

期待するのは良くありません。

 

学校の部活のバスケは

正しく教える必要もありません。

 

部活はあくまでも

義務教育のプログラムの一つです。

 

生涯スポーツとして学んだり、

社会性や協調性を学ぶことが目的だと思います。

 

子ども、親は、学校部活に対して

必要以上に求めることは

今後できない時代になります。

 

 

 

■中学で上達するには

本気で、バスケ上達したい場合は

クラブチームになります。

自宅から近い、練習日、会費

友達がいるなど、

いろいろ選ぶポイントは

あると思いますが、

子どもの目的と目標を持って

決めるのが良いでしょう。

✓, 目的とは、

何のため、方向性です。

 

✓, 目標とは、

自分のあるべき姿です。
成長している状態になります。

 

さんぺい
さんぺい

さんぺいの息子は自分で決めてました。勝ちにこだわったチーム、強豪チームを倒す。バスケが上達したい気持ちが強く、自分が成長できるかを判断軸にしていました。そのチームは、往復20キロと遠いのはちょっと辛い点です。

 

クラブチームも

地域によりますが、

体育館の確保、

活動時間に対応できる指導者

優秀なコーチなど、

運営が整っていないチームも多いのです。

レベルにあったチーム選びは

まだまだ出来ないのです。

 

 

■今後の中学バスケとは

今後のあるべき姿とは

中学バスケのレベルアップのために

クラブチーム同士の合併

地元Bリーグのジュニアチーム

民間スポールクラブの専属コーチ

上記の協力と、地域サポートによって、

レベル高い指導が受けられ、

また、

ミニバスからジュニア(中学)まで

ブレずに、一貫した、

正しいバスケの教えを

受けることができるでしょう。

そしたら、今よりも

日本のバスケの未来が

もっともっと明るくなるでしょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ

  ↑

さんぺい
さんぺい

少しでも参考になった、良かったと思いましたら「こちらのイイね」を押して頂けると本当に嬉しいです。これからも、バスケを頑張っている子を応援している保護者にとって”有益な情報”を発信していきます。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました