【ミニバス】3分でわかるミニバスケットボールのルール(6つ)

スポンサーリンク
ミニバス

【ミニバス】3分でわかるミニバスケットボールのルール(6つ)

 

こんな方におすすめです。

、バスケ初心者

、ミニバスのルールが知りたい

、なかなか人には聞けない

、一般のルールとの違いが知りたい

、子どもにわかるように説明したい

 

この記事を見れば、ルールの違いは確実にわかります。

初心者、子どもにもわかりやすく説明できるようになります。

また、今まで以上にミニバスの魅力がわかり、これから楽しくなります。

 

 

■大きく3つの構成に分けて説明します。

・ミニバスとは?
・一般との比較
・ルールの違い
・+α 最新ルール

更に、これを知っていれば「ハナタカ」となる、最新ルールまでおまけとしてご説明します

 

ミニバスとは? 一般との比較で、3分で理解できます。

ミニバスと一般的なバスケのルールの違いを紹介していきます。

さんぺい
さんぺい

愛知県豊橋市でサラリーマンをしながら、ミニバスの親として、チーム&選手を応援、サポートをしています。プレイヤー歴13年、ミニバス親歴15年となります。たくさんチーム、選手を見た中て学んだこと、プレーヤーとしての経験を、Twitter 、ブログで情報発信させていただいております。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ

↑バスケブログランキング1位になれました。ありがとうございます。

 

 

■ミニバスとは?

通称はミニバス ミニバスケットボールは、11歳以下により行われるバスケットボール競技のことです。※日本では12歳以下の小学生が対象となります。国際的な競技の運営団体として、国際バスケットボール連盟のミニバスケットボール部門があります。日本では日本バスケットボール協会の加盟団体である日本ミニバスケットボール連盟が運営しています。中学生以上のバスケットボールと比べて、ミニバスケットボールはルールが違います。

 

■一般との比較

結論
一般のバスケとミニバスのルールの違いは6つです。

項目 一般 ミニバス
①、コートの大きさ、

  ゴールの高さ

縦28m

横15m

高さは、3m05cm

縦28m〜22m

横15m〜12m

高さは、2m60cm

②、ボールの大きさ 7号ボール

長さ75㎝ ~78㎝

重さは567~650g

5号ボール

長さ69㎝ ~71㎝

重さは470~500g

③、3ポイントシュート 有り 無し
④、1Qあたりの時間 10分のピリオドを4回 6分のピリオドを4回
⑤、交代 決まりがない 決まりがある
⑥、バックパス 有り 無し

これだけ押さえればOKだと思います

ゴールの高さボールの大きさ3ポイントがないです。

あとメリットは、できるだけ多くの選手が出れるように交代の決まりがあるです。



 

■ルールの違い

①、コートの大きさ、ゴールの高さ

■ コートは縦28m〜22m、横15m〜12m

 

■ リングの高さは一般の高さより45cm低い2m60cm。

 

身長が170センチにもなれば、ダンクが出来る小学生もいます。

さんぺい
さんぺい

さんぺいは小学生時代はダンクをしていました。今は体が重くて飛べません。ちなみに昔は、小学生でダンクをするとめっちゃ怒られました。コーチがいないと時に影でこっそりやっています。

■参考動画 フランス小学生ダンク

 

②、ボールの大きさ

■ ボールは,まわりの長さが69㎝ ~71㎝ ,重さは470g~500gです。ボールは中学生より一回り小さい5号球を使用

molten(モルテン) バスケットボール JB5000 B5C5000

中学生なると、高さよりもボールの大きさになれるが苦労する人が多く感じます。ミニバスのボールは軽くて、小さいのでシュートが良く入りますが、中学からは重さも大きさも違うので、この感覚は大きいのかと思います。

ミニバスはボールは小さいので、自信を持ってシュートを打つことが大切です。

過去の記事のこちらはおすすめです。【ミニバス】フリースロー100%決める3つの方法

 

 

 

③、3ポイントシュート

■ スリーポイントシュートがなく、通常時のショット(フィールドゴール)は全て2点。そのため、スリーポイントのファールでも、フルースローは2回。

小学生に3ポイントシュートが無い理由についてはこちらの記事をごらんください。

 

④、1Qあたりの時間

■ 試合時間は6分×4クォーター制。延長は3分。

 

 

⑤、交代

■ 第1クォーターから第3クォーターまでに、10人以上の選手が1クォーター以上、2クォーターを超えない時間ゲームに出場しなければならない。
また、選手交代はクォーター・タイム、ハーフ・タイム、第4クォーター・延長時限のチャージド・タイムアウトのみ行うことができる。

 

2019年より、登録された競技者が 10 名未満のチームに対して、8 名による試合成立を認めるルールに変更されています。理由は少子化などの理由でどうしても 10 人以上のプレーヤーを集めることができないチームを救済するためです。

 

第 1 クォーターから第 3 クォーターまでの間は、プレーのインターバルとハーフタイムのときのみ交代することができる。第 4 クォーターと延長時限では、次のときにどちらのチームもプレイヤーを交代させることができる。

・タイムアウトがあったとき
・審判が笛を吹いてゲームクロックが止まったとき
・ファウルの後は審判がテーブルオフィシャルに伝達を終え
たとき
・最後のフリースローが成功したとき

 

 

 

⑥、バックパス

■ ボールをバック・コートに返すヴァイオレイションや8秒ルールが適用されません。

初心者必見、バックパスについてはこちらの動画をごらんください

ミニバスは、バックコードに戻っても、パスしても大丈夫です。8秒の時間制限もありません。

 

■2020年国際ルール変更

5つの変更点

①、スローイン
②、ドリブル
③、24秒ルール
④、ダブルファウル
⑤、テクニカルファウル

・ スローイン

「アンスポーツマンライクファウル」「ディスクォリファイングファウル」

2つのファウルのうち、いずれかのファウルとなりスローインが与えられた場合のみ

そのスローインが与えられたチームの「フロントコート」から可能となりました。

コートの上で暴力行為を行ったときに宣せられる反則(ファイティング)も同じです。

スローインが与えられたチームの「フロントコート」からスローインです。

 

・ ドリブル

意図的にバックボードを狙いボールを投げた場合、それはドリブルではありませんでした。

→ 新ルールでは、上記のプレーはドリブルとして扱われます。

例えば、さんぺいがドリブルをしていた、相手に囲まれました。見方にパスが出せない状況。さんぺいが、ボードに向かって投げ、跳ね返ってきたボールをそのまま自分(さんぺい)で空中で取って、着地してからシュートをする。

→ これが今後はダブルドリブルとなります。

ただし、空中で取ってそのまま、ダンクやタップシュートの場合はOKです。

NBAだ一人アリウープです。こちらの動画をごらんください。

 

・ 24秒ルール

30秒→24秒ルール改正。

目的は、シュートをする機会を増やすことにあります。これで時間稼ぎがなくなり、早い展開に繋がります。バスケの魅力が増す結果となりました。

 

・ ダブルファウル

それほど頻繁に見られませんが、オフェンスのプレイヤーとディフェンスのプレイヤーがほどんど同時に互いにパーソナルファウルをしてしまう場合があります。このときはダブルファウルとなり、両選手にパーソナルファウルが記録されます。

新ルールになったことで、ダブルファウルの定義が変わりました。
新ルールの定義は以下の通りとなります。

両チームのプレーヤーがほぼ同時にパーソナルファウルをしたときです。

プレーヤー同士が接触したことによるファウルのことです

ダブルファウルとなる際の4つの条件

① 両方のファウルがプレーヤーのファウルである
② 両方のファウルが体の接触を伴うファウルである
③ 両方のファウルが対戦プレーヤー同士で起こったものである
④ 両方のファウルの罰則がほぼ同じである

上記4つの条件を満たしている場合のみ、ダブルファウルとなります。

さんぺい
さんぺい

ちょっとややこしく感じるかもしれませんが、簡単に言うと、両方が悪いのでどちらにも有利にならないように、元々の状況に近い状態から再開となります。ほとんど見たことがありません。1000回に1回ぐらいかもです。

さんぺい
さんぺい

【問題】○か✕でお答えください?

ショットクロック6秒でA1がショットを放ちボールが空中にあるとき、A2とB2にダブルファウルが宣せられ、それ ぞれの罰則は等しかった。ボールはリングに当たらなかった。アローはチームAを示している。チームAのショッ トクロックは継続され、6秒になる。

【正解】は、さんぺいのツイッターをごらんください。

 

 

 

・ テクニカルファウル

①、チームベンチに座ることができる全ての人が対象となります。

コーチ、アシスタントコーチ、交代プレーヤー、5回のファウルで退場となったプレーヤー、チームの関係者が該当します。
これらの人に対してテクニカルファウルが宣されたときは、相手チームにフリースローが1本与えられる仕組みです。ファウルは、チームファウルにはカウントされません。

 

②、テクニカルファウルとなった場合、相手チームにフリースロー1本が与えられます。

フリースロー後のボールの権利は、テクニカルファウルを犯したチームではなく、フリスローをおこなったチームとなる。

 

さんぺい
さんぺい

ぶっちゃけ正直なところ、プレーヤーとして押さえておきたいのは「ドリブル」「24秒ルール」の2つくらいしかありません。

とくに24秒ルールが重要です。試合の得点を見ながら、時間をどのように使って、フィニッシュするのか、練習の中で、24秒の感覚を覚えることが大切だと思います。セットオフェンスのリズムや形を30秒から24秒に変える必要があります。今まで30秒時間を使った攻めができなくなり、シュートまで行けないままタイムオーバーってことにもなります。

 

最後まで見て頂きありがとうございます。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ

 ↑

さんぺい
さんぺい

少しでも参考になった、良かったと思いましたら「こちらのブログランキング」に押して頂けると嬉しいです。バスケ「イイね」ランキングが上がれば、さんぺいのモチベーションも上がります。よろしくお願いします。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました