【バスケ】試合のプレッシャーに打ち勝つ【3つ方法】

スポンサーリンク
ミニバス

【バスケ】試合のプレッシャーに打ち勝つ【3つ方法】

 

こんにちはさんぺいです。

プレッシャーに心が折れたり、
折れそうになった経験はありませんか?

プレッシャーに
打ち勝つ方法を知っていないと
試合には90%の確率で失敗します。

本当に結果を出したい試合ほど、
強いプレッシャーがつきまといます。

  • 絶対に失敗できない
  • 何としても成功させなければ
  • 今のままではまずい

 

困っている子
困っている子

めっちゃ緊張する。ミスったらどうしよう~

失敗をイメージした
危機感を伴うプレッシャーは

あなたのパフォーマンスを
低下させてしまいます。

ひどい場合、心身を疲弊させ
体調不良につながります。

それは避けたいですね。
すでにその状態にある方は、
すぐにでも改善する必要があります。

だれでもカンタンです。
3つを知って、実行するだけです。

知らないと損します。
プレッシャーに負けます。

 

さんぺい
さんぺい

全国のミニバス、中学・高校、5000人以上の選手を観察。大学→心理学、脳科学・スポーツ科学を学び、その経験を活かして【NBA戦略からメンタルまで】バスケ上達の成功法則をお伝えします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ

↑まだ押さないでください。
最後まで読んで、
本当に良かったら
イイねを押してください。

■プレッシャーに打ち勝つ3つ方法

試合のプレッシャーに打ち勝つ3つの方法

①、試合当日にやるべきこと知る
②、試合にのまれないコツを知る
③、プレッシャーの仕組みを知る

 

この3つ理解できて、実践するだけです。
誰でもカンタンにできます。
具体的なやり方は、深堀りしてお伝えします。

 

■①、試合当日にやるべきこと知る

試合当日やるべきこと

①自分の役割が出来ているイメージ
②自分の活躍、成功イメージがある
③失敗した場合の対処を決める

戦う相手を具体的に、自分の役割、成功イメージを持ち
失敗した場合は、全力戻るなど、事前に決めると良いでしょう。

迷いをなくし、俺なら出来る
強い気持ちが持てればメンタル完了

 

■②、試合にのまれないコツを知る

試合にのまれないには!

①やるべきことに意識を集中
②どんな場面も練習通りである
③すべてを前向きにとらえる

考えすぎない!今やるべきことに
集中するだけです。すべて練習通り
“何が起きても、前向きに考える”

俺なら100%出来る

 

■③、プレッシャーの仕組みを理解

プレッシャーの関係は
4つのパターンがあります。

あなたはどのパターンですか?

①プレッシャーつくりださない
②プレッシャーを克服する。
③プレッシャーを少なくする。
④プレッシャーに負ける。

試合後「まったくプレッシャーはありませんでした」と答える選手がいる。このパターンは①と②なのです。

そういう状況をつくりだす。
やり方を知ってれば解決できるのです。

 

■プレッシャーに打ち勝つやり方

具体的なやり方は4つです。

さんぺい
さんぺい

この4つは選手の親、
指導者にも知って欲しいことです。

①、練習してきたことだけしかできない
それ以上は望まない

②、やってきたことを確認しておく

③、ミスの確率
ミスパターンもある程度予定させておく

④、自分のプレーのみに集中

⑤、相手チームも「緊張し不安でいる」
ことを理解させ、相手より早く
「攻撃的な感情」になるほうが
有利であることを伝える

 

プレッシャーを感じている子どもに
この4つをお伝え下さい

話すことでは伝わりません。
伝えた4つを、
こども達に確認してください。

コーチが言った4つは?

子どもの口から4つが言えれば
これで大丈夫です。

頭の中に入り、
心が動き、
口で発信できれば

打ち勝ったも同然です。

 

■まとめ

プレッシャーに打ち勝つための方法は

その中で重要なのは、
プレッシャーを否定することではなく、
味方につけ、力に変えることです。

この考えは、大学時代に学んだ

  • スポーツ心理学
  • 脳科学

この手法で、何度も実践済みです。
自分にも、子ども達にも・・・

それらは、1回行うだけで効果を出し
日常的に繰り返せばプレッシャーに
強くなるトレーニングになります。

あなたが望んでいる
最高の結果に向けてご活用ください。

最後までありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ

  ↑

さんぺい
さんぺい

少しでも参考になった、良かったと思いましたら「こちらのイイね」を押して頂けると嬉しいです。さんぺいも幸せアップします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました