【ミニバス】シュートが入らない。原因はフォームではない!

スポンサーリンク
ミニバス

シュートが入らなくて困っている。実は原因はフォームではない

 

こんにちはさんぺいです。

 

うちの子は、

・試合になるとシュートが入らない…

・練習ではまだ入るけど、大事な場面では入らない…

・シュート練習は一生懸命やってるのに決めれない…

 

 

フォームを勉強し、マネして、いろんな練習方法して、

どうしたら決まるようになるか?

ずっと悩んでいる親必見!!

 

 

そんな悩みを抱えながらバスケをしているあなたへ。

これを知れば確実に、大事な場面で決めきれるようになります。

 

 

先日、さんぺいのツイッターです。

子どものシュートが入らなくて、

困っている親が多いです。

シュートフォームには
ワンハンドとツーハンドがあり、

コントロールができていれば問題ないです。

NBAもそうですが、
一人一人シュートフォームは違うので

形にこだわらずに、
リズム、バランス、リリースに
目を向けてほしいです

 

何より大切なのは、自信を持って打つことです!!

シュートは簡単に入ると思い込むことです。

 

練習しないと入らないって
思っていれば入らないのです。

 

ココの大切さを知らない方が多いのです

今回はこの内容をご説明します。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ

さんぺい
さんぺい

↑ 現在、バスケブログ1位を目指してます。こちらを押して頂く、目標に一歩近づきます。さんぺいのモチベーションも上がります。ご協力のほどよろしくおねがいします。

142㎝お子様の成長期に!【フィジカルB】

 

 

■シュートで1番大切なことは?

結論:シュートは簡単に入るのです!思い込むことが大切です。

 

あなたはシュートが簡単に入るイメージを持っていますか?

それともしっかり練習しないと入らないイメージですか?

 

多くの指導者や、保護者は、

シュート成功率を上げるためには、練習することですと言いきります。

たしかに練習する事は良いです。否定はできません。

 

しかし、

 

初心者の子や、ミニバスでシュートが入らなくて悩んでいる子には良くありません。

理由は、言い換えると ”練習しないとシュートは入らない” になるからです。

子どもにとっては、シュートは難しいって、脳と体が覚えることになります。

難しいから、練習しないと入らない、そう思って打つシュートは入る確率が落ちます。

 

逆にシュートは簡単、

入る成功イメージで打ったシュートは、入る確率がぐんっと上がります。

 

これは事実です。

 

バスケのリングの直径は、45センチです。

ミニバスのボールの直径は、22センチです。2倍もあるのです。

シュートを決めきれない子が、決めれるようになるために大事なことは、

ひたすら練習をすることではなくて、自信を持って打つことだと僕は考えます。

■詳細は関連記事のこちらを 初心者でも上手くなりシュート率が上がる3つの方法

 

指導者や保護者の方は、シュートが入らない原因が、

自信を持って打っていないか?をチェックしてください

 

 

■シュートフォームは?

結論:シュートフォームは人それぞれで良いです。

シュートフォームには、ワンハンドシュートとツーハンドシュートがあります。

片手、それとも両手かの違いです。

さんぺい
さんぺい

さんぺいはミニバス時代は両手でした。中学からワンハンドに変えました。小学生で両手で打っても問題ありません。ぜんぜん遅くありません。それよりも”自信を持っつことが大切です”

自分でコントロールができていれば問題ないと考えます。

 

NBAの選手もそうですが、一人一人シュートフォームは違うので、

形にこだわらずに

自信を持って打つこと!

入る感覚を掴むには、リズム、バランス、リリースに目を向けていけば簡単に入ります。

 

 

■シュートのモーションは?

シュートには、1モーション、2モーションの2パターンあります。

違いはこちらを見てください。

結論:どっちでも良いです。自分がやりやすい方を選んでください。

フォームは自然とできていくもの、事前と作り上げていくものです。

自分が好きなモーションで、好きなフォームで打ちましょう♪

シュートを決めれば良いのです。一人一人、骨格が違うようにシュートフォームも違えば、

得意な距離も違うでしょう。

さんぺい
さんぺい

さんぺいの息子はワンモーションです。しかし最近は近い距離をツーモーションに変えたりしています。いろいろ勝手に、そして自由に変化させています。

練習をしていけば、自然とカタチになっていくものであり、

ガチガチにマニュアルのフォーム通りする必要はないのです。

 

 

■シュートのリズムは?

結論:リズムは大切です。迷ったシュートは決まらないのです。

 

シュートは、自信を持って、リズミカルに♪

そのためには、ボールをもらう時に必ずミートします。シュートの決まった成功イメージを強く持っていることが

大切になります。いつでも、どこでも、シュートを打てる準備をするのです。

いち、に、でボールをもらって、迷わず、決める。決まったイメージでシュート打つのです。

「いち、に、さん」のリズムでシュートを打ちます。

ちょっと通常と違うリズムであっても、無意識に両足ストップする子や、

ゼロステップする子は、無理に矯正せず、その子にあったリズムでシュートを打つことで大丈夫です。

 

■シュートのバランスは?

結論:シュートは真っ直ぐに打つためにバランスを意識する

 

エアボールでも真っ直ぐ飛んでいればOK,強くても真っ直ぐ打ってればOKです。

右、左に曲がるのは、体のバランスが悪い、また中心の軸がズレています。

シュートは、【ひざ】で打つとも言われているので、やはり膝を曲げても、
上体がブレないスタンス(足の幅)をとる必要があります。

中心がズレないために、内股で体の真ん中を意識しましょう。

 

 

■シュートのリリースは?

結論:リリースポイントはどうでもいい

それよりも、シュートの最後まで意識しましょう。

俺なら必ず入る、だからシュートを打つ最後まで気持ちを入れる。

最後の最後まで、気持ちを込めて打つ、、、そんな感覚で大丈夫です。

テクニックではなく、気持ちです。

 

■まとめ

バスケはイメージが大切です。

上手くなりたいなら、先ずは NBA、Bリーグなど 上手いプレーを見るのです。

 

下手な子に限って、家では 全く見ていなかったりします。

 

バスケ環境が出来ていません!

バスケ環境は親の役目です!

バスケ環境を作るには↓こちらをごらんください

■参考記事 部屋で上達できる3つの練習方法
■参考記事 かんたん買っただけで上手くなる10個

自分がやりたい、なりたいが あってアウトプットに繋がります

 

シュートは簡単に入ると信じ込むこと!

小学生は、気持ちを作ることが重要になります。

根拠の無い自信は最強です。しっかりメンタルを作り、バスケを楽しみましょう。苦手意識ではなく、バスケが好き、俺ならできる。子どもの良い点を具体的に褒めてあげてください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ

さんぺい
さんぺい

バスケブログで、二冠達成しました!少しでも参考になった、良かったと思いましたら「こちらのブログランキング」に押して頂けると嬉しいです。バスケ「イイね」ランキングが上がれば、さんぺいのモチベーションも上がります。よろしくお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました